ザガーロ ジェネリック 通販 おすすめランキング

プロペシア(フィナステリド)とザガーロの違い 併用の副作用は?

 

ザガーロの有効成分は、デュタステリド。

 

一方、プロペシアの有効成分は、フィナステリド。

 

日本国内では2005年に発売され、ザガーロが発売されるまでは、唯一のAGA(男性型脱毛症)医療用医薬品でした。

 

 

アボダート(ザガーロ)とプロペシアの1番の違いは、その効果、効能です!!

 

 

 

 

プロペシアの効果、効能は「男性型脱毛症の遅延」!!
に対して
ザガーロ(アボダート)は、「男性型脱毛症」!!

 

効果効能の力において大きな差があります。

 

 

プロペシアも、ザガーロも「5α還元酵素」の作用を抑えることによって
脱毛を阻止する点は一緒です。

 

しかし、この「5α還元酵素」には1型と2型の2種類あり、プロペシアは2型にしか作用しません。

 

プロペシアの2型の効果は、頭皮のどの部分に効果があるかというと前頭部や頭頂部の頭皮の脱毛を抑えます。

 

 

 

一方、ザガーロは、1型、2型どちらの酵素にも作用します。

 

 

1型は、側頭部と後頭部の脱毛を抑えるので、
1型、2型両方の酵素を抑えるザガーロは、頭皮全体の脱毛を抑えます。

 

ザガーロの生え際・m字ハゲへの効果

以上のことから分かることは、
ザガーロ・プロペシアどちらも生え際の脱毛やm字ハゲでお悩みの方には
効果が期待できるということです!

 

ただ、より大きな効果を期待するならば、
ザガーロを選んだ方が良いということになります。

 

 

プロペシアを現在使用している方の中には、
ザガーロも一緒に使ってみたいと
思う方もいるかもしれません。

 

海外では、ザガーロの臨床試験は、数多く行われています。

 

 

プロペシアとザガーロの併用

 

プロペシアを主に使い、少量のザガーロ(アボダート)を併用した場合の
著しい増毛効果の報告もあります。

 

しかし、併用すると副作用のリスクが高まります。

 

プロペシアで効果の感じられない場合には、
併用はせずに副作用の少ない
ザガーロ(アボダート)に切り替える方が安全です。

 

プロペシアからザガーロ(アボルブ)への切り替え

 

 

プロペシアを常用していた方のザガーロへの切り替えですが、
併用しないのであれば副作用のリスク増加の心配は要らないでしょう。

 

しかし、もし副作用の増加の点が心配なようでしたらプロペシアの体内残留期間は
約1ヶ月と言われています。大事をとるならばこのプロペシアの体内残留期間
経過後にザガーロ(アボダート)に切り替えれば副作用の心配は少なくなります。

 

 

 

>>>ザガーロジェネリック通販おすすめランキング